2012年04月30日

発表会の練習と楽譜

レッスンの覚え書きで触れた楽譜のことです。


私は何度も何度もいろんなことを書き込むので
しまいには何がなんだかわからない楽譜になります(汗)

それで、何度か、楽譜を変えます。
この為にコピーを何枚か取ります。


私は超ド級の近視なので、今の所ものすごく細かい字でも近づけば、判読できるのですが・・
最初に使うのは、「こどものバイエル」くらいの音符の大きさになるようにコピーします。
基本私の練習時間は、家族が寝ている早朝で、ヘッドフォンを使用して薄明かりの下で弾くので
眼鏡でもパット見やすいように、大きな音符になるようにしておかないと駄目なんです。
特に譜読みの初期で使うものは大きくしています。
発表会では1曲ついて、4種類の楽譜を用意します。

1. 音をしっかりと確認して、弾く作業用
(こどものバイエルクラスの大きさの音符に拡大)
主に片手練習と両手を合わせてあれこれ考える時に使用

2.音は確認できて、通して弾くようになって以降用
(A4の一面をB4に拡大)
通して弾くようになり、注意点を書き込みながら弾く時に使用

3.発表会準備用
(A4一面をA4のスケッチブックに楽譜がぎりぎりおさまるように微妙に拡大。)
言葉で書き込んだ注意点を、その都度は読まなくて弾けるようになったら
いつも使っている楽譜の大きさにして、譜面台に立てて
確認用に置いて弾く

4.確認用
(何も書き込みをしていない楽譜)
今まで書き込んだ楽譜ではなく、まっさらの状態の楽譜を譜面台に置き
通して弾いてみる。
きちんと注意点が思い起こして弾ければ、覚えているけれど・・
わからなかったり、どう弾くんだっけ?みたいなところは
自分の中で理解していないので、2もしくは3の楽譜を使って復習する。

私は、40歳になってから音譜を読むことを始めたので
たぶん譜読みはかなり遅いと思います。
それに、こういった作業が苦手な方だと思います。
だから・・
暗譜も、子供達がとても長い曲をちゃっちゃと暗譜するのに
弾くよりも読む作業がすすまずに、A4の楽譜1ページがなかなか暗譜までたどり着けません。
そこで覚える為に「1」から「4」までの作業をしています。

暗譜に入る前に・・自分で覚えているかどうかは、テストをしますw
もし暗譜で弾かない場合でも理解できているのか?
ただ流されていないかテストはします。
☆テスト
「3」の楽譜を見ながら弾いたものを録音
「4」の楽譜を見ながら弾いたものを録音
4が3の楽譜使用時と同じように弾けていれば
自分で覚えているかどうかを自分で確かめる事ができます。

普段のレッスンの曲は暗譜ではないのでここまでやりませんが
発表会の曲は、選んで出会って、触れて考えて
楽しくつきあって行きたいので、こんなつきあい方をしています。

なかなか楽しいです。
posted by ふく at 00:00| Comment(2) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月29日

4月2回目のレッスンの覚え書き

4月2回目 レッスンの覚え書き

1月はじめに今年の冬の発表会の曲を選曲したのですが・・

すでに4ヶ月目だというのにいまだに譜読みもしていませんでした・・
とほほ・・


今年は、シフトの時間も大幅に変わる予定で、慣れるのに苦労しそうだし
中古マンションの購入でまだまだやらなきゃならない事もあるし
引っ越しも勿論来ます。
リフォームもあるし・・
じーさんの仕事でがっつりと振り回される予定もあります。

なかなか、練習時間が確保できないことがわかっているのだから
いいかげん、とりかからないと間に合いそうもありません。
わかっちゃいるのにねぇ
やればいいのにねぇ・・

逃避中・・(^_^;)

こんなんではいけない・・
毎日気になってはいたんですけど・・


前回のレッスンの時に「発表会の曲の曲を譜読みして来てください」
しかも「ショパンの前奏曲 第4番 ホ短調 op.28-4を見て来てください」と
宿題の指定がついたのでw
もう、逃げている場合ではありません。

よし、やるかぁーっ!!

仕事のカバンに楽譜を入れて出勤して退勤時にコピーをとりました。
毎回、何種類か取るんです。(この話は後でUPします)

コピーしてきたものをスケッチブックに貼付けて・・
譜読み・・開始。

1分経過・・
あーーーー無理なんじゃね?

無謀なんじゃね?

なんか・・おたまじゃくしウヨウヨいるじゃん!

うわー、ターンあるじゃん!しかもターンの中にダブるシャープ?意味不明・・orz

前打音あるねぇ、ショパンは前打音拍の頭に揃えるんだっけ???

左手が八分音符2つで右手が八分音符の3連符!!2と3だとーーーーっ!超苦手な奴!

なんで和音が4つですか?あたしゃ3和音までがいいんですが・・

なんか弾ける気がしねーなぁ・・

などなど、ひとりで叫び譜読み。

一通り見て、疑問点を付箋に書き出して全部楽譜に貼付けてレッスンへ行きました。


楽譜ですが・・
子供達は何種類かの原典版の楽譜で弾きましたが私は全音の楽譜を使っています。
???となる指使いがありました。
とても弾きにくいんです。
舞台でひっかかる自信があります!w
ペダルもそうですね。
ここはなくていいのか?とか・・ここでの踏み替えの指示はどうなの?的なものも・・
レッスンの時に相談しました。

指使いは変える事にしました!
ペダルは個人の離鍵のタイミングもあるし、練習曲ではなく
あくまでおばちゃん(私)の発表会用に仕上げて行くので
忠実にこのまま弾かなくていい。
よーく耳で聞いて、濁らないように感性で踏めばOK。
(あはは・・でもそれも難しいね・・w)

原曲がわからないほどの超スローで弾き通しました。
先生には「頭で高速回転してください」とお願いしましたw
数え間違いも音間違いの譜読み違いはなかったし
疑問も解決できたので、これから練習に入ります。

次はアベマリアも譜読みしないとなぁ・・
ウルウル・・2曲無理かも・・
そういえば、ジャズもあったなぁ。サマータイム・・

頑張ります・・
posted by ふく at 12:16| Comment(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

4月1回目レッスンの覚え書き

UPしないうちに結構たってしまいました(^_^;)

4月1回目のレッスン日記

ぎっくり腰のさなかのレッスンでした。
この日を逃したら・・
なかなか行けそうもないし・・
間が開いているので、傘を二本つきながら
病院の帰りに行ってきました。

靴を脱ぐのも一苦労(^_^;)
上着が脱げず、先生に脱がしてもらい(-_-;)
レッスン前に疲れ果てる始末w

レッスンした曲
「大人のためのピアノ悠々塾 初級編レパートリー集 」より
20.ワルツ「眠れる森の美女」より

いつもは左足で僅かにカウントして弾いていたのですが
左足を浮かせると腰が痛くて弾けません。
右足のペダルだけはなんとか、踏みましたが・・
ハーフペダルにしたくても、微妙なふみ加減は一切できませんでした。

好きな曲だし、もう少し弾きこんでもいいかなぁと思いましたが
「そろそろ、発表会の曲を譜読みしましょう」とのことで
合格になりました。

私はリズム感がないらしく3拍子、ワルツのリズムがとても苦手です。
その反対に4拍子の曲は弾きやすいです。
ワルツなのに1、2、3拍目までくると、4とつけたくなります。
子供達に「3拍子って弾きにくくない?」って聞いたら
「別にー」ってスルーされました。

私のセンスのなさ故?

ワルツは聴くのは大好きですが・・

聴くと弾くとじゃ大違い。
たっぷりと悩ませていただきましたw
posted by ふく at 00:00| Comment(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

音楽へのリハビリ

ぎっくり腰で仕事を休みました。

傘の柄で物をとる
まごのてでひっぱる・・

何をやっても時間がかかります。

トイレまでたどり着くのも大変です。

新学期に備えて、一気に片付けもしたいのですが
身動きとれなくて、何も出来ません。
あきらめました。

・・ということで・・
iTunesの中身の整理を始めました。
プレイリストもつくっていなかったり・・
分類がぐちゃぐちゃだったり・・
少しずつ手直ししたいと思っていたのですが
放置のまま、何年も(^_^;)

iPhone4sにして、ますます使うことが多くなったので
重い腰をあげました。

作業中に聴いているのは
Miles Davis

<BEST ONE>マイルス・デイビスマイルス・デイビス
(1996/10/23)
マイルス・デイヴィス

商品詳細を見る


 
1. マイ・ファニー・ヴァレンタイン
2. アイ・クッド・ライト・ア・ブック
3. イット・ネヴァー・エンタード・マイ・マインド
4. イフ・アイ・ワー・ア・ベル
5. イン・ユア・オウン・スウィート・ウェイ
6. フォア
7. ホェン・アイ・フォール・イン・ラヴ
8. ソーラー
9. ラウンド・ミッドナイト
10. テーマ

-----------
サム・テイラーやマイルス・デイビスは
小学校の時に家にLPがありました。




今うちにあるのはCDですが、LPは父が買った物でした。
思い起こすと、随分前の出会いですね。

LPで父が聴いて、CDで私が聴いて、今はムスコがiPodで聴いている。
3代ですねぇ。

嵐のような結婚生活を経て、離婚してからこのかた・・
ピアノを習うまで・・
音楽とはほんとうに無縁の生活をしていました。

ここ数日身動きがとれなくて、余計に音楽に癒しを求めたのかもしれません。
実は、ピアノを習い始めて弾くようになっても・・
子供の頃・・・
若い頃に聴いたようには、音楽に向かえませんでした。

とっても好きだったのに
このまま、心の中で絶縁したままなのもとてもさみしいです。

これから少しずつ、日常でも音楽のある暮らしをしていきたいです。

音楽生活へのリハビリを始めますw

posted by ふく at 17:25| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。