2010年10月10日

ぷちあぷち発表会

敬愛するhandsさん主催の発表会で

私は「エリーゼのために」を弾きました。
これは11月の教室の発表会で弾く曲です。
まだというか・・
弾ききれていないのとやはりあがってしまって
目の前に楽譜があるのに
どこ弾いてるのかまったくわからなかったし・・
探そうにも目の前が真っ白で見えないし・・
足はがくがくいって、何度もペダルから落ちるし
口はカラカラだし・・
吐きそうだし・・
なんだか、何をどう弾いたのか・・自分では覚えていません。
次は、覚えていられるくらいにはなりたいと思います。

もう一曲は急遽増やした曲です。
Bart Howard作曲「FLY ME TO THE MOON」♪
11月の発表会でエリーゼの他に何か弾きませんか?ということで
いろいろ考えて決めました。
今の私にはエリーゼは全力投球どころか、
全力投球しても手に余る状態なので・・
肩の力を抜いて、まったく違うタイプにしようと思ったんです。
去年を枯葉を弾いた曲集からチョイスしました。
まさに、譜読み中の状態なので、今回は途中でループしてしまいました。

どこを弾いているのかわからなくなっちゃって・・とほほ・・

でも、自宅じゃなくて、大きな場所での音の感じをつかめたので
11月にはリベンジしたいと思います。



さて・・
当日は私は仕事先から向かいました。

「ムスコと二人で・・・」


反抗期のムスコがなぜ来たか?
見物しに来たのか?

いいえ、今日は連弾することになっていたのです。

ムスコとチャップリンの「スマイル」を連弾しました。
ムスコがセコンド、私がプリモです。
二人の在宅時間がほとんど合わなくて、
ほぼぶっつけ本番みたいになってしまいましたが
絶妙な指示をだしてくれるし、ミスも適当に誤摩化してくれるので
なんとかかんとか最後までたどり着きました。
感謝感謝でした。
この連弾だけで出るのも・・と思い・・
ムスコにも「何か弾いてよ」と頼んだのです。

今年の夏のムスコの発表会は私は仕事で見られなかったので
どうしても・・見たかったんです。
ふふふ・・だから誘っちゃいました。

ムスコのソロは今年の夏に私が聴き損ねた発表会の曲
加古隆作曲「大河の一滴」と
ムスコの好きな曲・・
ブルグミュラー18の練習曲から「大雷雨」の2曲を弾きました。
発表会の日程は教えてありましたが、いつ練習したのかは不明。
ムスコは中学で英語部、写真部、ハイキング部に入っています。
文化祭に向けて英語部がほぼ毎日遅くまであります。
少し早帰りできる英語部の日の週に3回は減感作療法の注射で隣町のクリニックに通院しています。
土日はハイキング部で9月は発表会まで家にいませんでした。
帰宅するともう音を出して練習できない時間だし・・
朝学校に行く前にデジピで弾いたたのかな?
昼休みに音楽室で練習したのかな???

自分の番はドキドキするのはわかっているのですが
子供の出番もドキドキするのですよ。
もう、心臓口からでそうでしたね。
でも良かっです・・
今までの発表会・・どんなに忙しくても聴きに行けたのに
今年だけはどうしても仕事が抜けられなくて聴きに行けなかったから
こうして、少し遅れたけれど、ムスコの演奏が聴けて
本当に嬉しかったです。

こんな素敵な機会を与えてくださったhandsさん・・
そして、初参加の反抗期のうちのムスコを温かく迎えて
手を差し伸べてくださった会の皆様、本当にありがとうございました。

私も皆様にご恩返しができるように
人間として成長したいと思います。
先ずは、ピアノを練習して3月に備えて参ります。
今後ともよろしくお願いしますね。
posted by ふく at 00:00| Comment(6) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、レフティおじさんと申します。
gezkazさんのブログからこちらにお邪魔しました。
お察しの通り45歳の左利きの「おじさん」です。
女性のピアノの先生で「成人男性お断り」は結構ありまして、ブロガーの人も「おじさんお断り」もいらっやるのでは?と思っております。
ふくさんのブログは「おじさんお断り」でしょうか?
「お断り」でしたら、すぅ〜っとフェードアウトしますので遠慮なさらずおっしゃってください。
「おじさん、まぁいいよ」とか「おじさん歓迎」でしたらコメントさせて頂きます。
Posted by レフティおじさん at 2010年10月10日 10:06
レフティおじさま♪
いらっしゃいませ!
ようこそおこしくださいました。
なにもございませんが、おたちよりくださいませ!!

お待ちしております(^_^)/
Posted by ふく at 2010年10月10日 10:12
カキコのお許しを頂いたので、さっそく。
一番過去の記事が2009年1月ですから、約一年半で「エリーゼ」ですか、凄いな〜。
しかも楽譜読みながら。
みなさん、当たり前のように楽譜を見ながら演奏されています。
僕はそれを「神業」と思っています。
過去の記事を拝見して、どんな訓練をされたか参考にさせて頂きます。

それと、ムスコさまとの連弾、良いじゃないですかぁ。
オトコの反抗期は特に「母親と一緒」がカッコ悪いと思うのですが、連弾してくれるなんて、優しいムスコさまです。
Posted by レフティおじさん at 2010年10月10日 18:41
レフティおじさまへ
いらっしゃいませ(^_^)
お待ちしておれました(笑)

実は私は40歳から始めましたから
その時まで、楽譜は読めませんでした。
たぶん小学校の時にドレミは習ったと思うのですが
紙の上で、ドーナツに線があるのがドとかやったと思うのです。

今では忘れました。

40歳の記念に始めたピアノは
大人のピアノシリーズを使いました。
音符を勉強しようと思いまして
こどものバイエル上下巻を用意しまた。
そして、
ドは赤
レは黄
ミは緑
ファはオレンジ
ソは青
ラは紫
シは茶
で色分けして塗り絵をしていきました。
上下巻全部塗りました。

そして、上巻の最初かに弾きました。
ドレドレドーーーーー
(赤、黄、赤、黄、赤)
指は12121でした。

ひたすら弾いて行きました。

大人のテキスト方も色をつけてみました。

しばらくすると覚えた所はなるべくつけないようにして
弾きにくい箇所、間違える箇所を塗るようにしました。
今でもそう言った箇所は塗っています。

いろいろな方法を考えたのですが、
私は地道に努力するしかなかったです。

毎日一曲は必ず色塗りしていましたよ。

まずは真ん中のドから上のドまで
見てわかり、わかったことを指にうつせるまで
やってみることをお勧めします。

慣れた頃へ音記号が出てきます。
これがくせ者ですが、同じ要領で色塗りをして
覚えました。
楽譜の読み方ドリルも随分とやりました。

ただ、頭で考えるのと、同時に弾くのとでは違いますから
手と結びつくまでやるしかないです。

脳腫瘍の手術後で、記憶がすっ飛んだりしながらもできたので
どうぞあきらめないでくださいね。
Posted by ふく at 2010年10月10日 19:19
あっ、あっ、あっ、ありっがとうごっざいむぁ〜す!
(究極のありがとうなんですっ!鼻息、ふんっ!)
やっぱり、努力とドリルなんですねっ。
そーなんです、分かってたんです、でも、練習してなかんです、スミマセン。
とにかく、こんなに丁寧な解説頂いた事なかったんです、ちょー嬉しいんです。
僕は全然努力してませんでした。
よーしっ、自宅(堺市)にかえったら、ふくさんに見習って頑張るゾー!(今はオヤジ宅(富山市)にいるんです)
僕は色覚異常(先天赤緑色覚異常)なんで色の識別が苦手ですので、ふくさんのご指導を参考に別の案を考えて見ます。

それと、最後に。
初対面の僕が軽々しく言うべきではないと思っているのですが、でも、言わせて頂きます。

どうかお大事に。
Posted by レフティおじさん at 2010年10月10日 20:49
レフティおじさまへ
ふふふ・・長い修行になりますよ。
私も修行の身で、辟易していますから(爆)
ちなみに、別れた夫も色覚異常でしたので
ギーターのコードを覚えるのに
赤緑系は使いませんでした。
わかる色なら何でもいいと思います。

私の自己流のやり方が少しでもお役に立てば幸いです。

残りの人生をかけて、突き進めばいいんですよね?
私もすぐにはできるようになるとは思っていません。
そんなことができるのは、何も考えずに挑戦する
子供の時代だと思います。
大人になると、ありとあらゆる自分に向く手段を使わないと
できるようにはなかなかならないです。
私も昨日できたと思った事が
今日になるとできません。
でもあきらめませんよ。

頑張りましょう!

お気遣いありがとうございます。
病気があってもなくても・・
そろそろ成人病とか怖い齢ですよね。
お互いに・・資本の体をいたわりピアノ道を進みましょう!
Posted by ふく at 2010年10月10日 21:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。