2014年11月16日

2014年発表会

引っ越し前から
「忙しく」なり・・

引っ越せば落ち着く?と期待して
・・ことごとく玉砕

これで終わり
これがピークとハッパをかけてたどり着いた発表会。
今年も終わりました・・

初めて仕上がりませんでした。
いつもまあたいしたことはないですが
譜読み?って状態は初めてです。

でないという選択肢はないwので出ました。

これが子供だと大変なんでしょうが
こういう時は「おばちゃん」の開き直りで弾きました。
途中でどこ弾いているのかわからなくなりループ。
会場からは「頑張れ」がでるし・・

一段飛ばしてつながらなくなり
即興www

だはは
あたって砕けてきました。

私以外は、今回はみなさん完璧で・・
大人組もロングドレスありで、完成度が半端なかったです。
そんな中、異端児がポーンとでちゃって、浮きまくりでしたが
放送事故レベル?の出来事に・・

その後会ったお客様から「うん、元気がなにより。
人生、楽しんだもん勝ちだね。」
という
お言葉をいただき・・

放心(^_^;)



当日は疲労困憊でため息しか出ませんでしたが
(といいつつもしっかり白菜漬けで1合、夕ご飯食べましたが・・)
来年に向けてスタートしました。

来年は今年よりさらに忙しくなる事が決定しています。
(実は再来年も・・)

なので、早目に準備する事になりました。


え?

曲ですか?

勿論・・
「ミスティ」ですよ!
仕上がらなかったのでリベンジします!!

子供からはTシャツに前身頃に「今年は頑張る」
後ろ身頃に「リベンジ」ってプリントして出ればと言われています。

ふふふ
そうしようかなぁ
posted by ふく at 14:57| Comment(4) | 発表会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

2013年の発表会

退職のドタバタにまぎれて
更新はお休みになっていました。

10月のレッスンは2回なんとか行きました。
勿論発表会の2曲です。
もう少し時間が取れれば、
普通に直したり、こだわったりするのですが
退職前の猛残業で、在宅も激減!
生活もままならない。。
何時間家にいられる?
寝られるのか?
そんな繰り返し・・
結局、そのままやれることはやり
当たって砕けろ!で行くことにw

11月の文化の日の後、当日を迎えました。

今回は、今までにない弾けなさでしたが
なぜか、すがすがしい気持ちでした。びっくり!
もう・・こだわりようのない・・弾けなさも初めてでした(汗)

とりあえず、こう弾きたいというイメージはあるので
その気持ちを忘れないように舞台に出ました。

勿論、毎年の控え室の合い言葉
「来年があるから!」をバッチリ決めてからw
(そんなもんを決めてどうするって・・・・爆)

舞台に上がったら、緊張はしたけれど・・
弾けてない割と吐きそうになる毎年よりマシ!
不思議ねぇ・・(^_^;)
開き直りの境地ですかね?

子供は「今年はやめておきなよ」と言ったけれど
親の意地ですよw
子供はね、なんでも「時間ない」「忙しいから無理」って言うの。
でも、ゲームする時間も、遊び歩く時間もたっぷりあるのよ。
私から見たらただのいい訳。
ネットを10時間とかしても、忙しいって言えるんだもんねぇ・・





あんた達みたいに、絶対に言い訳しない!
あたしは負けない!
本当に忙しくても、決めた事をやる!
出来る限りの努力をする!
・・って姿勢を貫きたかった。
体と言う事ばかり大きな子供に
本気のスケジュール調整を見せたかった・・

きっと・・
その意味では逃げなかったから
徹夜で迎えた当日の朝・・
なんともいえない満足感だったのね。

だから、舞台も・・今までよりあがらなかったのかな?


あっ全然あがらなかった訳じゃないです・・
あがるのはあがったから舞台での記憶は・・ないです(笑)

控え室に戻ったら
「がんばったねー!」って、
沢山の人に声をかけてもらって
いろいろなアドバイスももらって
すっかりいい気分になったのは今でも覚えています♪

一つの舞台という時間を共有して
発表会という形を作り上げるピアノ仲間との大切なひと時でした。

只今就活中です。
来年も仕事を覚えるのが精一杯であたふたして
レッスンにもあまり通えていない状態かもしれませんが
来年も母の意地で出ます!

こんな・・
根性を試されるイベントになろうとは・・
思っても見ませんでした(^_^;)

さあ・・来年「も」頑張るぞー!
posted by ふく at 13:39| Comment(2) | 発表会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

終りました・・「引っ越し・発表会」

引っ越しが終りました。
9月22日の引き渡しから始まり
リフォームの見積もり施行・・
引っ越し準備、引っ越し・・
それに伴う諸手続き・・

引っ越しのまつわる買い物・・

目が回っちゃいました。

扁桃腺は化膿して排膿切開
ぎっくり腰で身動きとれず・・

トラブルも出る出る・・
いやぁ、もう・・
なんか、身も心もぐったりな感じですw

まだ細々したことが残っていますが疲れたので追々やります。

そして、引っ越しのまっただ中にピアノの発表会がありました。

はい・・

もう、2ヶ月以上弾けず(-_-;)
ピアノが納品されたのが発表会の約2週間前・・
12日間必死に夜中にヘッドフォンで弾きました(汗)

今回は、参加することに意義がある??精神で
あたって、そして砕け散って粉砕バラバラーっでした。
まあ、今年も「通過」したことで「よし」とすることにしました(逃避)


子供達には「やめればー」と言われましたが
「恥さらし」と言われようと、やめるわけには・・

だってね、子供はどんなに時間があってもいろんなことをやらないんです。
いろんなことね・・・・
ネット、ゲーム、携帯は散々やれるのに
やらなきゃいけないことはやらない。
「時間がない」って言うんです。
子供達はそれなりにピアノは弾いてきましたが
ムスメは「時間がないから弾けない」って逃げました、発表会w
Twitterを10時間やれてもね・・

ま、それは一例ですが、なんでも「時間がない」と言うので
本当に時間がなくても意地でも一旦決めたことはやりぬいてやる!!って
よーするに意地をはりました(爆)

そうなんです

意地っ張りなんです、私。

ムスメの感想「アベマリアは祈りの曲だけどさぁ
こっちが大丈夫かーって祈っちゃったよ。
最後までたどり着けないかと思ったじゃん。」
ムスコ「いいんじゃない、どうでも。
今年は寝ないで初めて聴いた」(ヘタすぎて心配で?寝るどころじゃなかった??)

大変な酷評ぶりでしたが
そこは大人のピアノの開き直り・・で
「大人は忙しくてクビも回らなきゃ手も回らない時もあるのさ!
出りゃいいのよ。決めたんだからww」と笑ってスルー。

控え室では同胞と「来年こそは頑張ろうね!」と慰め合い・・
また、来年を目指すのでした。

来年は弾きたい曲の候補はすでに2曲決まっているので
年明けから譜読みにかかる予定です。

自分でも封印しておきたいような記憶の発表会ですが・・
終って、とりあえずは清々しい気持ちです。
逃げなくて良かったという、ことで・・「満足」しておきます♪
posted by ふく at 01:01| Comment(9) | 発表会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

2011年 発表会

11/5に発表会が終わって明日で一週間になります。
早いです。

激動の発表会への一年でした。
私の予定では、去年の発表会から今年の発表会に向けて
ピアノをたくさん弾き、音楽のことについて
少しずつ勉強しながら、音と向かい合って行く
充実した一年にするはずでした。

予定と現実のなんと大きな隔たりのあること・・

現実は、昨年の腎盂腎炎で入院したのを皮切りに
そのまま仕事の穴埋めから始まり
職場の異動前準備、異動後のトレーニング・・で日はすぎて・・

そんな中で、父が脳梗塞で倒れ入院
日常の手助けが必要になりました。
退院後ほっとすることもないまま
大腸癌(盲腸癌)で倒れて入院、緊急手術になりました。
今も闘病中です。

仕事、病棟との往復、学校のこと、自分の通院・・
時間はいくらあってもたりません。
もともと要領が悪い方なので、重なるとどうにもこうにも
すべて後手後手になってしまうんです。
これは今後の大きな課題ですね。

ピアノのレッスンは約3ヶ月お休みしました。

発表会もやめるつもりでした。

でも、来年もこのまま忙しいことが確定しています。
ほんとうに弾けるようになるのは何年か後になります。
そのまま・・
もし・・何かあって弾けないまま死んでしまったら?
大げさかもしれませんが、持病があったり・・すると
やはり、どうしても今後について意識せざるを得ません。
最期に「弾いとけばよかったー、触るだけでもいいからー」とか
思うんじゃないかと思ったんです。

完全じゃなくてもいい

去年から今年の発表会までの一年の凝縮です。
ピアニストとして、ステージでお金をいただいている訳じゃないし
忙しい中で、ぽちぽちと向かい合ってきた
「私のかたち」だと思うことにしました。

今年の発表会はプライベトーでたくさんの問題を当日抱えていました。
警察とのやりとりがあったり・・不眠不休で舞台に立ちました。
前日も弾かないままでした。
いつもなら、そんなことは自分で許せず気になって
それこそ、倒れそうになるのですが
今年は「いーんだいーんだ、辞めずにピアノ続いただけで
ほめておこう、自分を」と・・
なぜか、パニックにはなりませんでした。

演奏も落ち着いていたかと言えば
ははは・・
緊張はしましたねー。

去年ほどではないかなぁ・・
なんて出るまでは思っていましたが
なんとっ!
月光の最後の部分まできて・・
瞬きをしようとしたら、コンタクトレンズがぽろっと浮きました。

私、必死に楽譜を見落とさないように
目をよーく見開いていたんです。
もともとドライアイで、普段は目薬が必須アイテムなんです。
それを、必死に必死に目を開いたままでいたんですものね。
緊張って恐ろしいですね。

パチパチと顔をよじりながらなんとかコンタクトを戻そうと・・
まさに顔芸してました。

コンタクトがずれてから、楽譜を見失いました。
最後の最後に来て・・
痛恨ですよ・・

まあね、もともと完璧とかほど遠かったので
つっかえるのはいいんですが・・
慌てふためく顔芸があまりにも「痛かった」です。

あとで「何があったの・・」と聞かれて答えると
みなさん、爆笑するんですよww
演奏じゃなくて別の意味での
ディープインパクトだったみたいです。

そんなこんなの発表会は、ムスコとの連弾だけはなんとか弾けました。
先生に簡単なアレンジの曲を選んでいただいたおかげです。
普段、反抗期で口もきかないムスコですから・・
家での合わせはなしに等しい状態で舞台本番です。
私は簡単なアレンジでも余裕はないので
ムスコに「適当」に私に合わせてもらうしかないです。
母「私は間違う自信あるから、アンタカバーしてよ」と
宣言してから舞台にでました。

渋い顔して、私をカバーしてくれました。
今年は頭ひとつぶん私よりも背が高くなって・・
ムスコがとても遠くに行ってしまった気がしました・・(^_^;)


そうそう、今年は私が月光第一楽章で
ムスメが第二、第三楽章です。
ムスメは・・どうだったか?
ある意味、チャレンジャーだと感心しました。
ほぼ練習しないで、舞台に出ましたから。
バイトから帰宅する、携帯片手にインターネット三昧
休みはパソコンに張り付いて携帯とダブルネット。
弾くのはレッスンの時だけです。
私なら、とても出られませーん。
レッスンの時だけしか弾かなくても・・
なんとか最低限の形になるなら
家でも練習すれば・・いいのに・・もったいないなーって
心底思いました。

ムスメもムスコも、ピアノの舞台と今年が最後かもしれません。
いつ、最後になるかはわからないてので
こうして同じ舞台に立ててよかったと思います。

私の母は病弱で心を病んでいたので、
こうした・・
何かイベントの 母との思い出がほとんどありません。

いつの日か、子供達が自分の生活を自力で歩んだときに
ちらっとでも懐かしく思うことのできる一コマになれるかなぁ(^_^)

とりあえずは一年のまとめとして舞台に立ちましたが
月光の弾き込みはこのまま続けます。
自分である程度納得がいくまではがんばります♪

それにしても・・
私だけかもしれませんが
舞台が終わって、数日弾かないだけで
すげー勢いで忘却の彼方へと覚えたことが消え去っています。

老化ですか・・

マジで怖いです・・

本気で対策しないと(U_U;)
posted by ふく at 13:50| Comment(8) | 発表会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

発表会というもの

レフティおじさまのネタに食いついてみました(笑)

「発表会」・・
そうなんですよ、まさか自分で出るとは思いませんでした。
緊張なんて大嫌い。
緊張は仕事だけでいいし・・
緊張が嫌なので、習うのも躊躇したくらいですもの。
独学ならいつかやりたいと・・
ピアノだって思っていました。

ところが・・
「なぜ」出る気になったか??

答えは・・
何か一つ、子供達との思い出を作っておいてやりたかったんです。
それだけですね。


親なんて、いつも偉そうな事を言っていて
子供の視線からしたら、目の上のたんこぶですよねぇ。
そんな親が、子供にとって
「自分よりまったくできない」
「自分より下」
「自分が先生」・・
あれこれ、指図して、口を挟み・・
ときにこってんぱんにやっつけて!
あれこれ面倒を見る・・
きっと・・面白いでしょう。

そんな場面が生活の中に組み込まれてもいいかなって思いました。

何がいいかしばらく考えていたんです。

うちは、母子家庭で貧乏暇なしを絵に描いた様な家です。
お稽古ごと(塾も含めて)も経済事情で各自一つだけ・・という決まりです。
要するに学校以外で認めるのは一つだけなんです。
ピアノを子供達は習っていますから、これを辞めない限りは
何も認めないってことです。
で・・
のらりくらりと・・続いていて・・上のムスメは高校生
下のムスコは中学生になりました。
習い事はずっとピアノだけです。

そんな生活をしていた子供達の中で、何か一つ親の上に君臨できると自負できる物はきっとピアノだろうと思ったんですよ。

子供達はいつもなんとなーく発表会にも出ていました。
特に何も考えていなかったみたいです。
友達もでるから・・なんとなく・・かな。

その子供達のすすめで発表会にもでることになりました。

「いろんな大人の発表を聴きなよ」
「みんな習うのは違う気持ちだけど・・
いろんな生活しながら取り組んで同じ舞台にあがって
同じ時間を過ごして、素敵じゃん」
「おかんのことだから、別にお気楽でもいいけど・・
学校の部活とかみたくさぁ、みんながやりたくてやってること(大人のピアノ)の
お祭りみたいな日に参加するのも思い出になるじゃん」
「なにもしないで来た分、これからさぁ、何か今までしたことがないことに
チャレンジしてもいいじゃん」

「面倒見てやるから、挑戦しなって。
何もしないで、そのまま死ぬよりも(笑)
恥はかきすてで・・
それにさぁ、今更、恥って歳でもないじゃん」

確か、そんなことを言われ続け・・

それでも躊躇していたんですけどね・・

子供達が楽しそうに私を「サカナ」にしている姿を見て・・
こんなことで日常の会話のエサになって
自分の思い出と子供の思い出、それぞれになれればいいかなって・・

結局でることにしました。


まあ・・直前は、酷い緊張で・・
出るって言っちゃった事を激しく後悔しましたが(爆)


物わかりの悪い親を教え・・
落ち込む親をおもしろがり、おちょくる子供達・・
私よりも遥かに楽しそうでした(^_^;)


人間って・・いつ何時なにがあるかわからないでょう?
あまりたいしたことは子供達にできないのですが
日常の中で、同じ時間を共有できたらいいなぁって
少しばかり思いましたよ♪

2006年には、末期がんの母の看取り看護をしました。
それはそれは壮絶で・・
生きる意味を考え直しました・・
自分が何れいやでも老いる事・・を真剣に怖いと思いました。
2007年には、自分が脳腫瘍の手術で入院・・
2009年には心臓のアブレーションをしました。
ついでにSLE(全身性エリテマトーデス)と仲良くしているので
症状はモグラたたきみたいな対症療法です。
ここ数年、体力的な落ち込みで自分も老いて行く事を実感しました・・

いつも仕事と日々の暮らしでいっぱいいっぱいで・・
なかなか・・
家族で海外旅行どころか・・国内旅行も・・
レジャーもままならないです。
それなら、近場で楽しむ?
楽しみ方が・・わからないです(汗)

わはは・・

ムスメはカラオケ好きですが、私はテレビも普段家にいないから
決まった時間につけることもないし、好きな歌手もいません。
タレントとか、アイドルも興味がないんです。
もちろんドラマも・・

何かひとつ・・

子供達に「おかんと一緒にやった」って思い出を
重ねて行けたら・・と
40歳を過ぎて、ふつふつと思ったんですよ。
まあ・・

親はなくとも子は育つって言葉もあるように

そんなことをしなくても子は育ちますがね(大爆)


いつか・・
「あれをやりたい」
「これもやりたい」
思う事は沢山あるんですが・・
いつまでたっても「いつか」がこなくて(笑)

とりあえずは、ピアノを始めたので
子供への思い出と時間の共有の楽しみのために
発表会に出てみる事にしました。

しかし!!
出てみてわかりましたが・・
ほんとうに緊張するので・・
次回はあるかどうかわかりませんが・・
子供が楽しそうにすすめたら・・
きっと首を縦に振るんじゃないかと思います(笑)
posted by ふく at 13:52| Comment(6) | 発表会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。